被災語りで矛盾があり炎上した菅原彩加さん、防災関係のゼミに入っていた

 菅原彩加、という名前に見覚えがある人は多いだろう。2015年、東日本大震災から4年の追悼式で壮絶な被災体験を語った少女である。メディアに大きく取り上げられたが、それが災いして過去の被災体験やツイッターが漁られ、矛盾などが発覚し大炎上してしまった。その時点で慶應義塾大学(SFC)に入学予定であることも割れていたのだが、これといった目撃情報はなく、大学に行っているのかどうか不明だった。

 ふと思い出し、「菅原彩加 SFC」でググるとあっさり1ページ目にSFCのゼミが出てきた。

 

大木聖子研究室

http://bosai.sfc.keio.ac.jp/about/

 

ご丁寧に顔写真まで載せているHP、テーマは「防災」のようである。防災に興味がある学生なら炎上のことを知っていそうなものだが、だれからも突っ込まれていないのだろうか。

 

 炎上時の矛盾発言を最後に貼っておく。

「大好きだよ」瓦礫に母残し4年 19歳が誓った言葉:朝日新聞デジタル

私は東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市大川地区で生まれ育ちました。
あの日、中学の卒業式が終わり家に帰ると大きな地震が起き、地鳴りのような音と共に津波が一瞬にして私たち家族5人をのみ込みました。
しばらく流された後、私は運良く瓦礫(がれき)の山の上に流れ着きました。
その時、足下から私の名前を呼ぶ声が聞こえ、かき分けて見てみると釘や木が刺さり足は折れ変わり果てた母の姿がありました。
右足が挟まって抜けず、瓦礫をよけようと頑張りましたが私一人にはどうにもならないほどの重さ、大きさでした。
母のことを助けたいけれど、ここに居たら私も流されて死んでしまう。「行かないで」という母に私は「ありがとう、大好きだよ」と伝え、近くにあった小学校へと泳いで渡り、一夜を明かしました。

 

特進1年の菅原さん、日下さんがダボス会議に参加

「これは津波だ。大変、逃げなきゃ」と思い、母の手を引き階段を降りようとした時、「バキバキッ、ガシャン」という音と共に家は壊れ、私たち家族5人は大きな波に飲まれました。

 何が何だかわからなくて、痛くて冷たくて「もう死ぬんだ」ということが私の頭でぐるぐる駆け巡りました。「ギシ、ガチャガチャガチャ」。
しばらくの間流されて、私はがれきの山に埋もれ、止まりました。力をふりしぼり、がれきをかき分け出て行くと約20メートルくらいの高さのがれきの山の上にいました。
しーんと静まり返り、一言で言えば、“黒い海”という感じでした。そのとき、自分の足下から「ゔ—、ゔ—」とうなり声のようなものが聞こえました。
足下のがれきを少しよけてみると私の母の姿がありました。くぎが刺さり木が刺さり、足は折れ、変わり果てた母の姿。
右足が挟まって抜けず、一生懸命がれきをよけようと頑張りましたが、私一人ではどうにもならない程の重さ、大きさでした。
母のことを助けたいが、このままここにいたらまた流されて死んでしまう。“助けるか”“逃げるか”。私は自分の命を選びました。今思い出しても涙が止まらない選択です。
最後その場を離れる時、母に何度も「ありがとう」「大好きだよ」と伝えました。「行かないで」という母を置いてきたことは本当につらかったし、もっともっと伝えたいこともたくさんあったし、これ以上辛いことは、もう一生ないのではないかなと思います。
その後、私は泳いで小学校へと渡り一夜を明かしました。

http://www.beyond-tomorrow.org/pdf/summer_davos_2011.pdf

 菅原 彩加(仙台育英学園高等学校 1 年生)
 津波によって母、祖母が亡くなり、曾祖母は未だ行方不明。自らも津波に流され負傷し、二晩、自宅屋根の上で救助を待った。 

http://bosai.sfc.keio.ac.jp/about/

 

慶應義塾大学教授が行ったクラウドファンディングの活動報告、半年間報告更新なし

 

ベトナムの障がいを持って生まれた子ども達を学校に通わせたい!

https://readyfor.jp/projects/dreamclass

 

ベトナムの子どもたちを学校に通わせたい」という夢の実現のため、クラウドファンディングで資金を集めた梅垣理郎教授および梅垣理郎研究会。しっかりと資金を教育に使っており、問題はなかったはずなのだが、活動報告がピタリと止まっている。最後の活動報告がこれ。

 

 

Dream Class2開校のご報告とリターン送付に関して 2016年11月27日

クラウドファンディング達成から二ヶ月が経過し、現在皆様からご支援いただいたおかげで、私たちの新しいプロジェクトがスタートしています。

この11月から現地ベトナムでDream Class2が始まりました。ベトナムビンディン省・キャッタン地区という新たな土地でDream Classがオープンしました。

そして11月26日(土)Dream Class2の入学式が行われました。

そして先生と生徒数名もベトナムへと渡航し入学式とDream Class2に参加してきました。

リターンに関してですが、発送が遅くなり大変も仕分けございません。

皆様にDream Class2の様子を伝えたいと考え、Dream Class2開校後と考えていましたところお約束の11月中の発送に少し遅れが出ています。ベトナムから帰国後、 Dream Class1&2の両方の様子をまとめた活動報告とともに皆様にお送りいたします。

楽しみにお待ちいただけると幸いです。

 

 謝罪の言葉をタイプミスしている時点でどうかと思う。過去の報告とかを見てもトンズラするようなところではないだけに、リターンはしっかり送っているだろうが報告なしでは信用度が落ちて実にもったいない。

椎木里佳‏さんはいつになったらミルピクの続報を出してくれるんですか?

 

 元JK社長・椎木里佳が代表取締役をしている株式会社AMFがリリースしたアプリ「ミルピク」。CSSのパクリが発覚して炎上したり、脆弱性がささやかれていたアプリだが、2016年6月、「実力不足」という謎の理由で引き上げ。以後、代取からも会社からも何のアナウンスもなし。出直すからアンインストールするなと言いながら何も続報を出さないのはあまりにひどいのではないか。

 

 

ちょまど(chomado)さんの上司はDrew Robbinsさんです

 内容がイマイチよくわかってないけどちょまどなる人物が炎上してるらしい。

anond.hatelabo.jp

kyoumoe.hatenablog.com



で、法務部に相談したらしい。

 

 今は削除されているが当初は上司がアメリカ人男性であるとツイートしていた。不必要ではあるが消すほどではないツイートのはずだが…。

f:id:moving-fastball:20161201204349p:plain

 

 上司についてなるべく秘密にしたいのかと思いきや、過去ツイートでは何度も名前を出している。自分で名前出してるならツイート消さなくて良かったじゃん?

 

Drew Robbinsさんのツイッター

Drew Robbins (@DrewRobbins) | Twitter

Tehu、「だけど」を四回使う名文でハヤカワ五味を食事に誘うことに成功

  執念を感じる「だけど」4連続使用。

 

 日曜の夜、Tehuがあげたイクラの画像とほぼ同じものをハヤカワ五味がツイート。執念が実りハヤカワ五味を食事に誘うことに成功したようだ。

 

 これで終わりならデートしただけでめでたしめでたしなのだが、しっかりとツッコミ所を残してくれるのがTehu。

夜にデートしていたのに仕事忙しいアピール。このアピール必要?

 

 

Tehuは本当に5歳で微積分を解いていたのか

「5歳で微積」と数年前は語っていたTehu。

 

世界3位となったアプリ開発灘高生 5歳で微積を解いていた 2012.02.01 16:00

http://www.news-postseven.com/archives/20120201_83865.html

Tehu君にどんな子供だったのかを尋ねてみた。iPhoneから返ってきたのは、

「2歳からPC
5歳で微積
7歳で英検3級満点合格
11歳で全国模試トップ3回
くらいしかないです。」

とのメールだった。

 

 

スーパーIT灘高生が、大好きな日本を救う 2013年08月19日

http://toyokeizai.net/articles/-/17290?page=3

ちなみにTehu君は算数も公文で習い、5歳で微分積分を解いた。

 

しかし、今年になって発表した自伝では「公文式で小学生の範囲を終えたのは9歳になった頃」と語っている。

 

Tehuの話 第2回「勉強が大好き」 2016/06/20 04:03

https://note.mu/tehu/n/na061e73e9ac3

公文式に通いはじめて6年。9歳になった頃には、小学校の漢字1006字はほぼマスターしたし、算数も小学校の範囲を修了。
英語に至っては、ほぼ満点で英検3級をパスするほどまでになった。

 

独学で微積を勉強した可能性も十分あるが、それならわざわざ9歳まで公文で算数を勉強する必要はないだろう。盛りすぎた設定を徐々に現実的に戻すパターンと見られる。

 

Tehuは公文ですすんで勉強していたのかどうか

 まずはtehuの自分語りnoteを見てもらいたい。

 

Tehuの話 第2回「勉強が大好き」

https://note.mu/tehu/n/na061e73e9ac3

中国生まれの両親は、ふたりとも音楽家であったにもかかわらず、音楽よりも勉強を僕に勧めた。「学問を修めることこそが、立身出世の最速コース」という考えからだった。
3歳だった僕は、いきなり地元の学習塾に放り込まれた。それが、今では世界的に人気の「公文式 (KUMON)」だ。

子供には承認権がない。大体の場合、習い事は「行かされる」ところから始まる。一方で子供には拒否権がある。
大体の場合、習い事は「行きたくなくなり、泣きわめく」ところで終わる。
僕の場合、ピアノや水泳がこのパターンだったから、勉強についても親はそれほど期待していなかったかもしれない。
でも、「公文式 鶴甲教室」の門を叩いた日が、僕が初めて「学ぶ」ということの楽しさを心から感じた日になり、結果的には人生において非常に重要なターニングポイントになった。

切り盛りしていたのは、M先生というハキハキとした女性だ。最初の数年間... いや、通っていた間はずっと、「怖い」イメージが先行していたように覚えている。
教室で自主学習をしていると、たまに怒る先生の声が聞こえた。自分より少し上の小学2年生ぐらいの子が泣いているのもよく見かけた。僕もよく、解けない問題を諦めたときには怒られたものだ。M先生をサポートする数名のアルバイトやパートの先生があとで慰めてくれた。
でも不思議と、M先生は僕の勉強のやる気を根底から引き出した。


M先生は、子供の好奇心には徹底的に向き合う人だった。
公文式は基本的にプリントを自分で解いて採点してもらい、必要に応じて指導してもらうという「半自主学習」方式を採用しているが、当時の僕はペケがついた問題についてかなりM先生を質問攻めにしていた。
トンチンカンなこともたくさん聞いていたはずだが、先生は、一度も呆れずに真剣に僕に向きあってくれた。
それが、僕の中の承認欲求のようなものを満たすようになり、勉強を快感に変えていった。
僕が勉強に夢中になったときに感じる不思議な快感は、この後中学生になるまでずっと続くし、今でも仕事で感じることがある。
それがいわゆる「フロー状態」に近いものであることを知ったのは最近の話だ。

 

 内容をまとめると、習い事の内水泳やピアノは続かなかったが、公文式(勉強)は先生らのおかげで楽しく感じることができ、続けられたと語っている。

 

 

 ところが過去のツイートでは、

 

 いやいややらされていたと語っている。noteの「勉強が大好き!」の文字が悲しい。