Tehuがツイートし続けるTOEIC、TOEFLの嘘



 

  現代ビジネスHPリニューアルも失敗に終わり、アンチからも呆れられているTehu君。最近再び過去ツイートが漁られているが、それに便乗してみようと思う。

 

  • 今回のテーマはTOEICTOEFL。英語には(英語にも?)自信があるTehu君は、2013年1月にTOEICを受験。

 

 

  •   受験から3週間後の2月4日に結果を報告

 

  • 2月23日、突然TOEICTOEIC特化の勉強をしている人たちを批判

 

 

 

  • じゃあ最初からTOEIC受けるなよ…と思われるかもしれないが、受けたのには理由がある。灘校教師が英語の本を出すためだ。

 灘校教師(キムタツ)とTehuは仲が良いらしく、キムタツ氏が書くブログにはTehuの名前がたびたび出てくる。TehuがTOEICで900点以上を取り、本のタイトルを実証することで宣伝になると考えたのだろう。実際900点を取ったのだから作戦は大成功…かと思いきや、キムタツ氏のブログでまさかの真実が語られた。

Tehuの本が出る | キムタツブログキムタツブログ

僕の生徒Tehuの話は前に書きました。彼が本を出します。角川書店さんから。僕の『パワフルメソッド(略称)』と同じ角川書店です。

(中略)

ちなみに英語はTOEICの途中で寝てしまったために895点だった
らしい・・・何やっとんねん。次は900オーバーでしょう。

 Tehuは900点を取っていなかった。「900ジャスト」とはなんだったのか。嘘を突くにしても、なぜ嘘を突き通さないのか。

 

 

また、受験中の居眠り設定にも矛盾が生じている

  • 2月4日には「余った15分寝てしまった」とツイートしているのに、23日には「寝かけた」にスケールダウン。

 

  • 1年後の2014年2月のツイートでは「余った時間」から「リスニング中」の睡眠に変更。また、900点の設定はツイッターではあくまでも継続らしい。嘘だとバレているのに…

  •  2014年6月、ここでも「途中で寝た」とツイート。「余った時間で寝た」設定はなくなったのだろう

 

ここでiBT(TOEFL)の話題が出てきたが、TOEFLの点数は定期的に修正が行われている。

  • 2013年は86点。
  • 2012年は90点

どんどん下方修正されている。思いつきで適当に数字をつくっているのだろうか。嘘ノートでも作っておけばいいのに。